中古と新築のマンションの比較に関する情報サイト

マンションを購入しようとしているが、新築か中古かで悩んでいる、中古マンションのリフォームやリノベーションはどのように行えばよいのかと悩んでいる人も少なくないかと思います。ここでは、マンションの購入のことでお悩みの人に向けた情報を掲載して、不安を抱えている人を心配を解消していきます。どのような中古物件が人気なのかという事も掲載しているので、住むために探している人や投資目的で購入したい人にも参考になるかと思います。

中古と新築のマンションを比較

中古と新築のマンションを比較 中古マンション投資を行おうと思う際に、お世話になることが多いのが不動産投資会社です。
ただ、中古マンションの投資などをあまりしたことがあまりない人にとって、どの会社を選べば良いのかという事は分かりにくいかと思います。
そんな時はまずどのような物件に強いかという事を比較しましょう。
駅近くの物件に強い所、いわゆる高級住宅街の物件に強みを持つ所など、会社によって個性は様々です。
考えている物件の性質をよく確認し、公式ホームページなどでどういった物件の実績があるのかなどという事をよく確認しましょう。
サポート体制の充実という点も大事です。
特に初めての際には聞きたいことも沢山あるかと思います。
そんな時に、親身になって教えてくれるような所を口コミなどを参考にして探してください。

中古マンションに投資する際に留意しておきたいこと

中古マンションに投資する際に留意しておきたいこと 不動産投資の対象には戸建住宅・マンションなどさまざまありますが、中でも中古マンション投資市場は年々拡大しており、売買価格も上がっている傾向が見られます。
新築マンションに比べると融資されにくい、物件に瑕疵があったり保証期間が短い、設備や物件本体が古くて修繕費がかかるなどデメリットもありますが、新築マンションより入手価格が安い、新築より利回りがある、新築マンションより購入後の値崩れが少ないなど大きな魅力があり、投資物件として人気があります。
中古マンション市場は新築マンションに比べると数が多く、エリアや物件の目利きが必要です。
特に立地条件は重要で、基本的に最寄駅から遠くなると賃貸需要が少なくなり、価値が下がります。
駅から近いこと以外にも、スーパー・コンビニ・病院など日常生活に必要な施設があったほうが安定した需要があり、収益が上がることになります。
さらに言えば最寄駅は主要な駅である方が需要は高まり、収益はアップします。
中古物件は価格が安いため入手しやすい利点がありますが、建築時期には気をつけておく必要があります。
1981年6月1日以前の物件は旧耐震基準で作られていることがあり、震度6以上に耐え得る基準でないことが多いからです。
多くの入居者は地震のリスクが高い物件よりリスクの少ない物件を選択することが多く、中古マンションも同様です。
さまざまなリスクを抑えるためにも、1981年6月1日以降に建てられた新基準を満たしている物件を選ぶ方が懸命でしょう。

中古マンション情報リンク

さいたま市の中古マンション探すなら